寝室におすすめなカーテンの色

良質な睡眠を確保するために

睡眠不足の状態が続くと、心身の健康に影響をもたらしますから気をつけましょう。質の高い睡眠をキープしたいなら、寝室の環境を整えることが大切です。重要なポイントとして、寝室のカーテンが挙げられています。寝室のインテリアとして、カーテンは大きな役割を果たします。カーテンの色が視覚に与える影響は大きいので、慎重に選びましょう。まずは、色の特徴について把握することが大事です。 赤やオレンジなどの暖色系は部屋が暖かく感じられますが、視覚に刺激を与えます。そのために、なかなか眠れなくなる可能性があります。青やグリーンなどの寒色系は、寒々しく見えることもあります。けれど、神経を落ち着かせる作用がありますので、安眠しやすくなります。

カーテンを選ぶ決め手

寝室にかけるカーテンについて悩んでいるなら、色を基準にする方法がおすすめです。安眠しやすいカーテンの色は、青や紺色などのブルー系です。神経を静める効果がありますので、寝室に最適な色です。ほかに、緑や茶色などのナチュラルカラーも寝室にぴったりです。けれど、ピンクや黄色など、華やかな色を選びたい方もいます。そのような場合には、淡いピンクやベージュ、クリーム色のカーテンにしましょう。 薄い色のカーテンなら、視覚に対する刺激が少ないためです。ただし、薄い色のカーテンは光を通しやすくなりますので注意が必要です。外からの光が寝室に入ると、眠れなくなります。生地が厚いカーテンを選んで、光を遮断するように心がけましょう。