化学繊維のカーテン

化学繊維のカーテンの素材と特徴

カーテンの素材には天然繊維や化学繊維、再生繊維があり、それぞれの繊維によって特徴が異なります。市販されているカーテンは化学繊維を用いたものも多く、ご家庭のカーテンが化学繊維だという方もいるでしょう。カーテンに使用される化学繊維にはポリエステルやナイロン、アクリルなどがあります。 ポリエステルは丈夫で型崩れしにくく耐久性に優れているため、比較的どのような家庭にも合うカーテン素材と言えるでしょう。ナイロンはしわになりにくくカビや虫に強いため、湿気の多い家庭などにおすすめです。アクリルは軽くて日光に強く型崩れしにくいため、こまめにカーテンを取り換える家庭などに向いているでしょう。一口に化学繊維のカーテンと言っても、素材によって特徴はさまざまです。

化学繊維のカーテンを選ぶポイント

ポリエステルやナイロン、アクリルなどさまざまな素材から作られているカーテンですが、選ぶ際には素材の特徴をよく把握してから選ぶと良いでしょう。例えば、ポリエステルは型崩れしにくく乾きやすいことから、比較的洗いやすいカーテンと言えます。季節によって部屋のインテリアをこまめに変える家庭や、ペットなどがいる家庭はポリエステルの特徴を十分に活かすことができるでしょう。 ただしポリエステルは静電気がおこりやすく毛玉ができやすいため、こまめに掃除したり毛玉を取ったりするなど日頃のメンテナンスが必要です。このように化学繊維は素材によって特徴が異なります。化学繊維のカーテンのメリットやデメリットをよく理解した上で、一番家庭に合うものを選びましょう。